2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

CLチャレンジャー オイルダンパー化

 先週末にいつもの公園でCLチャレンジャーを走らせました(カメラを忘れたので写真なし)。

 2.2タイヤにして、さらにウェイトも重くしてから、タイヤの動きをスプリングとダンパーが止められず、暴れる感じがするので、オイルダンパーを導入することにしました。

               Cl_2

 購入したのはヨコモ製オプションの「アルミショックセット」です。オイルは4本とも#300を入れました。見た目はほとんど変わりませんが、走りはかなり変わると思います。早く走らせたいです。

 あとやることといったら、540化、DIG搭載、他社製フレームくらいですかね。

 最初はヨコモ製オプションに絞って後付部品を購入してましたが、タイヤ&ホイールを他社製にしたのでその縛りもなくなってしまいました。といってもCR-01のように種類が一気に増えるものではないのですが・・・

 これまでCLチャレンジャーに使ったオプションでキット一台分くらい、更に上に挙げた3つも全部やったら更にもう一台買えちゃいます。特にDIGを入れるにはプロポも今使っているメガテック2PLを新しくしなければならないので・・・。

 この車をどこまでいじっていくのか迷ってます。

MRCダンパー取り付け

前回、上下逆向きに取り付けたMRCのダンパーですが、修正しました。

必要だった部品はM2.6のナットで、近所のホームセンターで買ってきました。

あとは説明書の通りに組み立てて完成です。

               Mrc_2

しばらくはこの設定で様子を見ていこうと思います。

ミニロッククローラ ダンパー交換

 破損したダンパーの話の続きです。

 結局、海外通販はやらないで、タムテックギア用のエアレーションオイルダンパーを購入してつけました。

 自分のタムギアには安いCVAダンパーなのに、何で高いエアレーションダンパーにしたのかというと、CVAダンパーはフロントとリヤでケース長が異なるため、2セット買わなければなりません。なのでインナースペーサーだけが異なり、ケース長は同じエアレーションダンパーを選びました。あとCVAの青色のダンパーケースが気に入らない、ということもあります。

 MRCにつけるためには、ダンパーの上下を逆さまにしなければなりませんでした。ちなみにCVA ダンパーなら上下逆さまにしないですみます。

 CVAダンパー2セット購入の方がよかったかな?とちょっと反省しています。買ったあとにCVA2セットの方がエアレーションダンパー1セットより値段も安いことに気付きました。

 このままでもいいかな、と思っているのですが、上下を普通にする算段は立ててあるので、部品を手に入れたらやってみようと思います。

MRCダンパー 暫定仕様

 ロッシのミニロッククローラのダンパーが割れてしまった件で、他のもので代用できるものは無いか探してみたら、タムテックギアのピロボールの径が4mmでMRCと同じことがわかりました。

 早速ノーマルのタムギアについていたフリクションダンパーからインナスペーサをとってMRCのフロント側に取り付けました。

 つけてみた感じは、ダンパーの穴とボールがノーマルよりタイトですが十分使えます。また、タムギアのダンパー長はMRCのそれより短いので、フロント車高が落ちることになってしまいました。

 でも、自分のタムギア(FOX-MINI)のダンパー色が黄色なので、目立ってしまうのが難点です。

 専用品を手に入れるまでは、しばらくこの仕様で走らせていこうと思います。

MRCダンパ破損

 ロッシ ミニロッククローラのダンパーのアッパーマウント部が割れてしまいました。

 とりあえず瞬間接着剤で直してますが、いずれまた割れるのは目に見えているので、新品と交換しようと思います。

 ですが、ダンパがスペアパーツとして設定されてない。LOSIや他社のオプションのダンパも輸入元に問い合わせたら在庫なしという状況で、困ってます。

 どうやら海外通販に手を出すしかなさそうです。

一ヶ月

 このブログを始めてからちょうど一ヶ月たちました。

 特に宣伝をせずやっているブログなので、訪れるほとんどの方が検索エンジンの結果からこのブログを発見して、見ていただいています。

 アクセス解析をするとCLチャレンジャーとMRC関連で検索される方が多いようです。検索フレーズランキングをサイドバーに表示しました。

 自分でもCLチャレンジャーやMRCについて調べるために検索すると、自分のブログが結構上位に出てきて驚くことが結構あります。CLチャレンジャーもMRCもあまりメジャーな車種ではないから、ネット上にある情報が少ないのでしょう。

 最初の一ヶ月は記事数を増やそうと頻繁に更新して来ました。これからはあまり肩肘張らずにのんびりと更新していこうと思います。コメントをいただけると幸いです。

これからもよろしくお願いします。

LOSI MRC タイヤ変更

 LOSI 1.9 Rock Bashers Tiresを試すために昨日に引き続きいつもの公園へ家族で行きました。

 今日は人口の川の水が流れていて、川底に下りれないため、走行できる場所が限られてしまいました。

             Mrc090516

 それでも新タイヤのグリップのよさは実感でき、昨日登れなかった岩の斜面を登れるようになりました。

          Mrc090516_2  Mrc090516_3

 子供は寒いので水浴びできず、ラジコンと一緒に公園の中をお散歩したり、みんなで公園に行くときに買ったパンを食べたりして帰ってきました。

 ちなみにボディが昨日作ったものでなく、ノーマルのままなのは子供が赤い方が好きだったからです。

 そろそろ公園ではなくもっと本格的な場所で走らせたくなってきました。

ミニロッククローラ New Body

 Losi MRC用にボディを作りました。

   Descender1  Descender2  Descender3_2

 ニューボディはProlineのDescenderです。

 色は新しいホイールのビードロックリングとそろえてガンメタにしました。かなり地味です。

 ステッカーはとりあえずランプ類とグリルのみ貼ってあります。他に何を貼るか考え中です。

 で、このボディの外周をはさみで切っているときに、いきなりはさみが割れました。

           Photo

 もう十年くらい使っていたものなので壊れてもしょうがないのですが、割れたとき、何が起こったのかわからなくてびっくりしました。

MRCテストラン

 サスセッティングを変更したMRCででいつもの公園を走ってきました。

 フロントを柔らかくして路面追従性を上げたのは正解だったみたいで、以前よりよく走るようになりました。そのかわり、トルクツイストが強く出てしまいました。

          Mrc090515   Mrc090515_3

 そのため、リヤのスプリングにスペーサを追加して、リヤを固めてトルクツイスト対策にしました。結果は上々で、それまでよりトルクツイストを低減できました。

 特に横転が少なくなりました。これはフロントを柔らかくした成果だと思います。また、自分も車に慣れてきて、ライン取りで横転しにくいように走らせられるようになってきました。

 車が小さいのでCLチャレンジャーだと通れないところも通れます。

          Mrc090515_2   Mrc090515_4

 サスペンションの設定はとりあえずこれで決めて、次回(週末にいけるかな?)タイヤを替えてみようと思います。

MRCバッテリーマウント改造

 前回のミニロッククローラの足回り変更によって、サーボ上に乗せていたバッテリを元の位置に戻しました。そうすると、ストレートタイプのバッテリーを搭載出来ないので、できるように改造してみました。

 まずは出来た写真から。

               Mrc

 バッテリーを搭載しているプレートの前端にあるずれ防止用のリブを切除しました。

 上からかぶせるストラップの裏にスポンジを貼って押さえつけるようにして、動かないようにしてあります。

 さらに横ずれ防止用に切除した部分の左右にプラ板を瞬間接着剤で固定してます。

               Mrc_2

 最初からリブの中央部だけを切除すれば、こんなことをしないですんだのですが、勢いで全部切除してから気付きました。バカですね。

 このようにシャシーから大幅にバッテリーがオーバーハングした状態でもボディを乗せてもバッテリはボディと干渉はありません。

 干渉するようだったら新しいボディを作るつもりだったのですが、作らずにすみました。

 

 明日、有休を取れることになりました。

 MRCを外で走らせようと思います。

LOSI MRC サスセッティング変更

 前回のMRCのタイヤ交換したときの写真ですが、フロントが低く、前傾姿勢になっています。(写真をクリックしていただければ拡大します)

               Mrc_2

 これはGW中にこそこそとやっていたもので、サスペンションの調整をしてフロントの車高を落としてみました。

 変更内容はフロントのダンパにタムテックギア用のショートスプリング(OG-19)のソフトスプリングを入れました。この状態だとダンパの全長よりスプリングの自由長の方が短いため、1G状態でダンパが縮んでフロント車高が落ちることになります。

 要はなんちゃってドゥループ仕様にしてみたくてこのようなことをしました。ダンパにインナスプリングを入れていませんが、0G状態では自重でちゃんとダンパは伸びてくれます。

 スプリングを抜いて1Gでフルボトムさせるのはちょっとバランスが悪かったので、スプリングを入れてスペーサで調整して、1G状態では縮み側にストロークが約10mm残るようにセッティングしました。

 リヤはとりあえず様子を見るためにキット標準の状態に戻しました。これをベースに調整していきたいと思います。

 この変更によってサーボ上にバッテリが乗らなくなってしまいました(ボディと干渉する)。なのでバッテリを元の位置に戻しました。一応、リヤのホーシングの上にバッテリを乗せることが出来るように配線の取り回しを変えてあります。

 まだ室内でしか走らせていませんが、フロントタイヤの路面追従性が上がってくれたような感じがします。

 早く屋外で走らせたいです。今週どこか平日に休みを取れないかな?

LOSI MRC ホイール&タイヤ組み立て

 先日MRC用に買ったAXIALの1.9ホイールとLOSI 1.9 Rock Bashers Tires を組み立てました。前回紹介を忘れましたが、インナもLOSIのメモリーフォームを購入しました。

 ビードロックリングのねじをすべて組み付け終わって、タイヤの感触を確かめようと思い、手でタイヤをつぶしてみると、ちゃんとつぶれてくれません。反発力も強いです。

 おかしいと思ってよく確認したら、AXIALのビードロックホイールに空気抜き用の通気穴がついていませんでした。つまり普通の車のように空気入りのタイヤになっていた、ということです。(エア圧は低いけれど)

 これでは使い物にならないので分解してホイールにピンバイスで通気穴を開けて再組み立てしました。通気穴は1ホイールにつきΦ2.0mmの穴を2箇所開けました。穴あけ作業自体はどうということは無いですが、ビードロックリングの脱着は面倒くさいですね。

 再組み立て後の感触はこれで車重を支えることが出来るのか心配になるくらいにやわらかいです。しっかりグリップしてくれそうです。

 ウエイトはフロントに各20gずつ、リヤはウエイトなしにしました。早速MRCにつけてみました。ブラッククロームめっきのホイールとガンメタのビードロックリングがかっこいいです。

               Mrc

 試走はいつ出来るかな。楽しみです。

CLチャレンジャーファイナルギヤ破損

 今日、二度目の更新です。

 子供が寝たあと、CLチャレンジャーの整備を始めました。

 リヤのギヤケースを開けてみたら、ファイナルギヤのIカット部にクラックが入っていました。写真を下に載せておきますが見えるかな? 写真のど真ん中のところにクラックがあります。 CLチャレンジャーを使っている方のサイトで見たのと同じ状態です。

          Photo

 これまで、すべてヨコモのオプションパーツをつけていましたが、今回は初めて社外パーツを組み付けての走行でした。それで一発で壊れるというのは、ある意味最高の設計精度を持っていると言うことができるかもしれません。

 ギヤは先日買ったメタルファイナルギヤを早速組み付けました。これでしばらくは安心かな?

 フロントのギヤケースも開けてみましたが、こちらにはクラックは入っていませんでした。ですが当然メタルギヤに交換しました。

 リヤのアルミステアリングロックは走行では効果がよくわかりませんでしたが、これを装着していると、ギヤケースを分解するのが楽になります。整備性の向上におすすめです(笑)。

2.2タイヤ シェイクダウン

 近所(といっても車で10分くらい)の公園でCLを走らせてきました。今回LOSIのComp Clawタイヤと新サーボを投入して初めての屋外走行です。

           Cl090510_2   Cl090510_4

 タイヤは交換して大正解でした。

 タイヤ径が大きくなったことにより、登るのに苦労していた階段や段差を余裕で乗り越えられるようになりました。また、斜面でのグリップも上がってくれたので、これまで登れなかった岩に登れるようになりました。サーボも問題なく動いてくれました。

 タイヤ径が大きくなったことにより、モータのトルクが不足しないか心配だったのですが、何箇所かで後輪がストールしてしまう以外は問題なく回ってくれました。ストールが頻発するようなら280TLモータから540モータに交換することも考えてましたが、予算も無いのでしばらくはこのままヨコモのオプションモータ(280TL)を使っていきたいと思います。

  走行している途中から人口の川の放水が止まってくれたので、川底を走らせることが出来ました。本格的なクローリングというよりちょっと難しいクロカンやっているような感じです。

          Cl090510  Cl090510_5

 今回は子供たちにプロポを奪われること無く、存分に走らせることが出来ましたが、男の子が何人か寄ってきてじ~っと車を見つめていました。住宅街の中の公園なのでこんなことをやっていればやっぱ目立つよな。仕方ないか。

 それにしても今日は暑かった。自分の子供は池(水深15cm位)に入って水浴びをしてました。楽しんでくれたようでよかったです。また連れてこれるな。

CLチャレンジャー サーボ変更

 CLチャレンジャーのサーボを購入したので取り付けてみました。

              Photo

 購入したのはサンワのERG-VBで、トルク13kg・cm(6V)のものです。

 ネット通販で購入したのですが、注文した翌日に届いてくれるのでありがたいです。今回は送料も無料だったので、秋葉原までの交通費を含めるとネットで購入した方が安上がりだったりします。

 早速装着してみましたが、標準サーボではフローリングの床で末切りがちゃんとできなかったのが、問題なく動いてくれるようになりました。

 週末に屋外で試してみたいと思います。

最強部屋ラジ

 雨ですね。

 連休最終日の昨日、家の六畳間で座椅子や座布団、畳んだ敷布団や枕を障害物にして室内を走らせてみました。(部屋が汚いので写真は勘弁願います)

 こういう遊びは今まではミニモンでやっていました。ですが2WDであることとスピードが出すぎてしまうところがイマイチだったのですが、MRCだとゆっくりと障害物を乗り越えられます。個人的にはMRCは現在最強の部屋ラジだと思います。(もっと広い部屋なら変わってくるのでしょうが)

 MRCを部屋で走らせるときの欠点は、回転半径が大きいこと。こればかりはしょうがないので何度も切り返しました。

 また、横転しやすい癖はまだ直っていません。これは操縦者の技量(ライン取り)でフォローしていくしかないかな、という感じです。

 同じことをCLチャレンジャーでもやってみたのですが、障害物乗り越えが余裕すぎてつまらないのと、サーボのトルクが弱くてステアリングがちゃんと切れない場面が多くありました。大きさの問題もあり、室内ではMRCの方が走らせて楽しいです。

 CLチャレンジャーは現在のタイヤにしてからまだ外を走らせていないのですが、ハイトルクのサーボを買うことに決めました。

ゴールデンウィークが…

 ゴールデンウィークだというのにネタがありません。

 子供が夜になってから調子を崩して、救急病院に連れて行ったり、看病したりとなかなか大変でした。

 現在、子供の調子は大分よくなったのですが、まだ本調子ではないのであまり外出できません。明日は外に出られるかも、と思っているのですが、あいにくお天気は雨の模様。

 そんな状況なのでほとんどRCを触っていません。連休明けに隙を見つけて休みを取っちゃおうかな、なんて考えています。

CLチャレンジャーパーツ装着

 早速CLチャレンジャーをいじりはじめました。装着したのはアルミリヤステアリングロックと、ロッシの2.2タイヤです。

               Photo

 アルミリヤステアリングロックをつけるとサーボケース、ステアリングロッド、タイロッド、リヤバンパがいらなくなるのでかなりすっきりしました。

 タイヤはサイズを比較するために並べて見ました。

               Photo_2

 左からCLチャレンジャーオプションタイヤ(ロックフォース4)、真ん中がCLチャレンジャー標準タイヤ、右が今回装着したロッシのタイヤです。

 タイヤ直径は左から112mm,90mm,126mmとLOSIタイヤは標準タイヤよりも1.4倍径が大きくなりました。ウェイトはフロント各100g、リヤ各50g積みました。

 とりあえず室内を走らせたみました。まずタイヤ直径が大きくなったことにより、実質的にギヤ比が上がり、スピードが上がってしまいました。低速走行がちょっと苦手です。

 グリップはこれまでのヨコモのタイヤより明らかに上がりました。フローリングの床で末切りしようとすると、かなり苦しいです。サーボのトルクを上げた方がいいかと思っています。

 外を走らせることができるのはいつになるかな?ちょっと楽しみです。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »