2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« カシワ2日目 | トップページ | ミニモン復活 »

RRシャーシの比較

M-06のおかげでアクセス数が増加傾向です。

今回はタムギア(GB-01)とM-06のシャーシを比べてみます。
左がM-06で右がGB-01です。

110105_4

 リヤモータの2WDでシャーシ中央にバッテリが縦置きという点ではそっくりです。
 両者ともショートホイールベースのRRなので(ちなみに自分のM-06はWB210mmです)、直進安定性を確保するために、リヤのトーインを大きくつけているのも一緒です。

 違うのはメカの配置で、M-06はメカをバッテリの左右に配置して重心を低くしているのに対して、GB-01はサーボをバッテリの前に、アンプと受信機をバッテリの上に配置してバギーらしいスマートなシャーシを実現させてます。

 こうやって並べてみると、タムギアのトレッドの広さ(シャーシがスマートなのでサスアームが長い)が際立ちますね。
 タムギアにツーリングタイヤを履かせて、カシワSWのオンロードサーキットを走行させてみましたが、車高が高い癖にハイサイドを起こす気配は全くなく、安定して走行できてしまいました。
 M-06も低重心設計のおかげか、車高の高いスバル360ボディでもハイサイドを起こすことなく走行できました。

 次回は先ほど届いたM-06のパーツ関係の紹介です。

 

« カシワ2日目 | トップページ | ミニモン復活 »

TAMIYA M-06」カテゴリの記事

タムテックギア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538237/50502417

この記事へのトラックバック一覧です: RRシャーシの比較:

« カシワ2日目 | トップページ | ミニモン復活 »