2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« デジカメ新調 | トップページ | ミニッツモンスターEX »

劇場版 機動戦士ガンダムOO 感想

 お知り合いとガンダムOOのお話をした翌日、「ぜひ見てくれ」と持ってきてくれたので、お借りして見させていただきました。

 このブログには縁が遠いものですが、感想を書きたくなったので書きます。

111001a

 ネタばれで書いてますので、未見の方で、見ようと思っている方はご注意ください。

 とても面白く、また興味深く見ることができました。少なくともTV版よりずっと面白い。

 細かい内容解説や考察は他のサイトで素晴らしいものがいっぱいあるので、自分は端的に書きます。

①前半(ELSとの接触)
 SFジャンルのいわゆる「ファーストコンタクト」ものを丁寧に作っていることに感心しましたが、
 「俺はガンダムを見ているんだよな?」という違和感はぬぐいきれませんでした。

②中盤(ELSとの戦い)
 素晴らしい戦闘シーンの連続。
 圧倒的に不利な状況で最善を尽くし、そして散っていく兵士たち。
 やっぱガンダムは集団戦でしょ。燃えまくりました。
 3DCGで描かれることが多くなっているロボットアニメですが、
 ガンダムはこれからも2Dセルを維持して欲しいと思いました。

③後半(ELSとの対話)
 クアンタムバースト以降のシーンです。ここが自分にはつらかった。
 キャラクターの台詞が少ない分、映像と音楽で盛り上げなければならないはずですが、
 中盤の戦闘シーンの迫力で盛り上がっていた気持ちが冷めていくのを感じました。
 劇場の大画面でみたら印象が違っていたかも、と思います。
 <追記>
 もう一度見直してみたのですが、映像が綺麗過ぎると感じました。
 「わかりあうこと」は良いことだけれどもその過程は決して美しいものばかりじゃない。
 そういう要素が足りないのかな?と考えました。

④エピローグ
 ELSと人類は共存の道を選んだ、という理解でいいのでしょうか?
 SFとしてはちょっと説明不足な感じがしました。
 でも、ラストシーンは美しいですね。素直に感動することができました。

 これまで、アムロとシャアが出てこないガンダムは見てこなかったのですが、見てよかったです。ファーストガンダムのテーマである「人類の革新」「相互理解」がより明確に作品の中に入っていて、ちゃんとガンダムしているのに好感が持てました。

⑤おまけ 
 最後のイオリアの言葉なんですが、僕にはマクロスFへのアンチテーゼに聞こえました。
 (僕は基本的にはガンダムよりマクロスの方が好きなのです)
 でも地球外生命体との接触を予見して準備する、なんて現実にはできないですよね。

 で、ガンダムOOとマクロスF、大雑把に比べてみると対照的なんですよね。

  • 人類の滅亡から逃れるために外宇宙へ進出(侵略)して可住惑星を探すマクロスF
    (”フロンティア”にはそういう意味もこめている、と河森監督が言っています。)
  • 存亡の危機から地球へ進出してきたELSと戦うガンダムOO

 そして両作品とも最後は「わかりあえる」「思いを伝える」ことがテーマになっている。

 リアル系ロボットアニメの2大ブランドがこうも近いのは偶然の結果なのだろうか?
 今月発売のマクロスF完結編をみて、考察してみたいと思います。

最後に
 今回のようにこのブログで小説や映画の感想を時々書いても良いですか?
 正直なところ、ちびラジのネタだけで引っ張っていくのがつらく感じるようになってきました。
 コメントにご意見いただければ幸いです。

 それでは、また。

« デジカメ新調 | トップページ | ミニッツモンスターEX »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

なるほど、OOも面白そうですね。
ウチの会社の部長も面白いよと言ってましたし(笑)
SEEDシリーズからはTVアニメも人気が回復している様に感じてます。

ブログは自由に綴れば良いと思いますよ。
実はみんカラやっていた事があるのですが、
クルマメインのSNSなのでチョット窮屈でやめました。
面白い記事楽しみにしています!!

>kimamaさん
コメントありがとうございます。
勢いでアマゾンに注文しちゃいました。(笑)
ちびラジを駆逐しない範囲で書いていこうと思います。

今更ですがやっと見ました!
初の外宇宙生命体ELSがやっぱりガンダムらしくない感じでしたが
全体的にはよく出来てたんじゃないかと思います。
2ndシーズンのアリエスと違ってハルートも活躍どころがあったし!
ただ、アンドレイとかデカルトとかの使い方がイマイチだったかなぁ・・・。

たかしぃさんコメントありがとうございます。
ガンダムとしては「禁じ手」である地球外生命体との接触(ガンダムは一貫して人類同士の戦争ですよね)でどうなるか不安でしたが、うまくまとまっていると思います。
本文にも書きましたがファーストガンダムのテーマである「人類の革新」と「相互理解」というテーマがより浮きだっていることが好感持てました。
TV版は「これ、ガンダムじゃなければ素直に楽しめるのになぁ」と思っていたので、劇場版はしっかりガンダムをやっていたので楽しく見させてもらいました。
ガンダムAGEは全く興味ないので見てません。
ラジに触りたいよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538237/52878282

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 機動戦士ガンダムOO 感想:

« デジカメ新調 | トップページ | ミニッツモンスターEX »